からだのこと
2020.10.13

呼吸を深め、免疫力を高める、3分間ストレッチ

ストレッチ
(読了時間 : 2分)

呼吸を深めて免疫力を高めるためのポイントのひとつが、胸をひらいてリラックスした姿勢。薬膳とヨガのインストラクターである星宏美さんのお話の第2回目は、動画を交えて、誰でも手軽にできるストレッチをご紹介します。

胸をひらくことを意識すると、免疫力が高まります

前回は、“ゆっくり時間”が呼吸を深め、免疫力アップにつながるというお話をしました。

この呼吸を深めて免疫力を高めるためには、心の状態ばかりでなく、姿勢など体の状態を日頃から整えておくことも大切です。

そこでふだんから意識してほしいと思うのが、「胸をひらく」ということ。私たちの日常の動きは、知らず知らずに胸をとじてしまうようなことがとても多いのです。

  • パソコンでの作業
  • 毎日する家事
  • スマートフォンを使う、などなど

猫背のように姿勢の悪い方、子育て中の方なども、ついつい胸がとじがちになってしまいます。

それから、私も最近知ったのですが、マスクをしていると、胸まわりが固くなって呼吸が浅くなり、肩こりの原因にもなるそうです。

座ったまま、胸の筋肉を指でほぐすようにストレッチ

そこで今回は、胸まわりをひらく手軽にできるセルフケアを動画でご紹介しましょう。

胸の谷間には胸骨という骨があり、そこから肋骨がつながっています。この胸骨と肋骨の間を刺激するストレッチです。

いかがでしたか?
肋骨は、胸の前から横、後ろまで広がっています。動画では、前側だけでしたが、さらに横から後ろまでストレッチするといっそう効果的。肋骨の間の筋肉をかきわけるようにほぐしてみてください。(魚の干物の骨の間にある身をかき出すようなイメージで!)

胸をくことを意識すると、呼吸が深まるとともに副交感神経も活性化し、イライラや不安がやわらぎ、リラックスした状態にもつながります。

このストレッチは、椅子に座ったままとても簡単にできるものです。胸を閉じてしまうような姿勢が続いたとき、その合間や後にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

ライブラリー・微生物図鑑・鈴木智順・新星出版社
微生物のこと
2021.11.29
トイレ・子ども・トイトレ・腸内環境
からだのこと
2021.11.20
藍・発酵・藍染・神田藍愛
うつくしきこと
2021.11.18
冷え・中医学・水滞
からだのこと
2021.11.11
星 宏美

星 宏美

2児の母。子供が生まれてから中医学や薬膳の魅力にひかれ、薬膳を学びはじめる。ほぼ同時期に食べ物だけでなく、ココロとカラダ全体の大切さに気づき、ヨガを日常に取りいれるようになる。現在はヨガ・インストラクターとして、スポーツクラブ、ヨガスタジオ、オンラインでレッスンを行うほか、薬膳インストラクターとして、渋谷RESMSTANDのメニュー監修(https://www.re-ism.co.jp/reismstand/)、薬膳講座をてがけている。 -------- Q. ウェルネスのために心がけていることは? → A. 自分にとって無理ない生活をすること。無理して、不調が起こったとしても、それも自分だから受け入れる。むしろそういうときの自分ほど褒めてあげる様に。不調が起こるのは、自分がすごい頑張ってるんだな!と思うので。

2021.11.20
子供のウンチ問題①:「トイトレ」のタイミングと見守り方
2021.11.11
からだの冷えにつながる、中医学の「水滞」
2021.11.01
万病のもと「冷え」を、中医学から考えると?
2021.10.04
中医学の「陰虚」と白い食べもののお話
Member 一覧 >

シェアする

呼吸を深め、免疫力を高める、3分間ストレッチ

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する