からだのこと
2021.11.11

からだの冷えにつながる、中医学の「水滞」

冷え・中医学・水滞
(読了時間 : 3分)

万病のもとともいわれるからだの「冷え」。ひとくくりに「冷え」といっても、中医学ではいくつものからだの乱れが関わっていると考えられています。ホリスティックウェルネスアドバイザー星宏美さんの今回のコラムは、前回の「血虚(けっきょ)」に続いて、「水滞(すいたい)」のお話です。 

 

冷えの原因となる「血虚」と「水滞」の違いは?

前回のコラムでは、中医学の「血虚(けっきょ)」についてお話ししました。 

この「血虚」とは、からだの中の血が足りなくなること。その結果、血の巡りが悪くなって手足など末端が冷えやすく、めまいやしびれなどがおきやすくなります。「血虚」は、「血」ばかりでなく「気」や「水」など、さまざまなからだの巡りに影響を及ぼし、そこから「冷え」につながっていくこともあります。 

さらに中医学では、からだの「冷え」について、この「血虚」のほかにもいろいろな考え方があります。「水滞(すいたい)」もそのひとつです。 

そこで今回は、冬の「冷え」についての第2弾として、「水滞」のお話をしようと思います。 

 

冬はからだの水の巡りが滞る季節 

「水滞」とはからだの中の「水」が溜まりやすい状態をさします。中医学では、この「水」には唾液、尿、関節液などが含まれます。この水が溜まっている状態を「水滞」といいます。 

 次のような症状が気になる方は、からだが「水滞」の状態になっているのかもしれません。 

 

・むくみやすい 

・汗をかきやすい 

・軟便や下痢の傾向がある 

・元気がなく疲れやすい 

・胃がちゃぽちゃぽしたように重く感じる 

・からだがむくんで体形がぽっちゃりしている 

冷え・中医学・水滞・むくみ

 

以前のコラムでもお話ししましたが、中医学の五行では、冬という季節は「水」にあたります。冬になると、寒さなどからからだの水が巡りにくくなるのです。 

その結果、上記のような症状に加えて、「冷え」になりやすいといわれます。 

ですから、日頃から「水滞」の傾向がある人は、冬は特に「冷え」の予防を意識することをおすすめします。 

 

黒豆や豚レバーなどは特に効果的 

前回の「血虚」と同じように、「水滞」の予防も日頃とっている食材を工夫することが効果的です。中医学では、からだの水の巡りをよくしてくれる食材として次のようなものがあげられています。 

玄米、春雨、黒豆、アスパラ、白菜、昆布、わかめ、豚のレバー、ぶどうなど 

冬といえば、鍋のシーズン。白菜をたくさん使った鍋などは手軽でよさそうです。また、黒豆や豚レバーは、前回の「血虚」でも効果的とご紹介した食材。血と水の両方の巡りをよくする一石二鳥の効果が期待できます。 

冷え・中医学・水滞・白菜・鍋

 

また、「水滞」の人は、水分を多くとりすぎたり、冷たいものを好むという傾向がみられます。ふだんの飲みものを常温のものにしたり、白湯をとるようにするといったことも、「水滞」の予防に効果的といえるでしょう。 

血の巡りが悪くなったり、水が滞ったり、ひとくくりにからだの「冷え」といってもその原因はさまざまです。中医学を上手に取り入れて食事などの生活習慣を見直し、冬に向けて自分のからだと向き合っていきましょう。 

 

 

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

トイレ・子ども・トイトレ・腸内環境
からだのこと
2021.11.20
立冬・冬の足音・手足の冷え
からだのこと
2021.11.01
アスリート・自転車競技世界女王
からだのこと
2021.10.13
アスリート・自転車競技世界女王
からだのこと
2021.10.06
星 宏美

星 宏美

2児の母。子供が生まれてから中医学や薬膳の魅力にひかれ、薬膳を学びはじめる。ほぼ同時期に食べ物だけでなく、ココロとカラダ全体の大切さに気づき、ヨガを日常に取りいれるようになる。現在はヨガ・インストラクターとして、スポーツクラブ、ヨガスタジオ、オンラインでレッスンを行うほか、薬膳インストラクターとして、渋谷RESMSTANDのメニュー監修(https://www.re-ism.co.jp/reismstand/)、薬膳講座をてがけている。 -------- Q. ウェルネスのために心がけていることは? → A. 自分にとって無理ない生活をすること。無理して、不調が起こったとしても、それも自分だから受け入れる。むしろそういうときの自分ほど褒めてあげる様に。不調が起こるのは、自分がすごい頑張ってるんだな!と思うので。

2021.11.20
子供のウンチ問題①:「トイトレ」のタイミングと見守り方
2021.11.11
からだの冷えにつながる、中医学の「水滞」
2021.11.01
万病のもと「冷え」を、中医学から考えると?
2021.10.04
中医学の「陰虚」と白い食べもののお話
Member 一覧 >

シェアする

からだの冷えにつながる、中医学の「水滞」

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する