せかいのこと
2021.06.28

ジョージアの市場で見かけたトマトの塩水漬け

ジョージアのトゥビリシにある市場でほほ笑む2人の女性
(読了時間 : 3分)

「旅・写真・ごはん」をテーマに、世界中を旅する「旅行家・写真家・食事家」、石黒アツシさんが書き綴るコラム。今回は、3話連続でコーカサス地方の国、ジョージアが舞台です。ローカルな市場を歩いて見つけた、「?」と目をひく発酵食品を紹介してくれます。 

>ジョージア第1話目ワインが生まれたジョージアのワイナリーを見学して試飲しました!
>ジョージア第2話目ジョージアの「ハチャプリ」と「ヒンカリ」で食文化交流を考える

トゥビリシの市場をのんびり歩いて

ジョージアの首都トゥビリシで、ローカルな市場「デゼルタール・バザール」に出かけてみました。体育館のようなながらんとした建物です。その総面積は2000平方メートルということで、テニスコート8つ分とかなり大きな施設。また、その建物の周りにも多くの商店や露店が軒を連ねていて、かなり活気がある区域です。店先には新鮮な野菜や果物、肉、野菜などが並んで、ジョージアって豊かな土地なんだなと実感させられました。あらためて地図を見ると、南は乾燥した中東地域、北は寒帯のシベリアですから、なるほどと納得させられます。 

ジョージアでみつけた水漬け発酵トマト

いくつかのお店に、プラスチックの大きな容器の中の液体に野菜が浮かんでいるという、これまでに見たことのないものが置かれていました。とはいっても、トマトや野菜なので見たことはあるわけですが、そんな風に水漬けにされたものは初めて見たのです。 

塩水につけて香草などと一緒に発酵させたトマト 

現地の方に聞いてみると、塩水にトマトを香草と共に漬けたもので、そのまま発酵させるのだそうです。どんな料理の付け合わせとしてよく食べられていて、自宅で作る人も多いそうです。 

ジョージアの市場で見つけた青唐辛子を使っている「アジカ」というディップソース

そしてさらに目を引いたのが、ペットボトルやガラス製のジャーに入った、鮮やかな赤と緑の「何かです。 

唐辛子のディップソース「アジカ」 

赤いものは赤唐辛子、緑のものは青唐辛子を使っている「アジカ」というディップソースでした。 

ジョージアの市場で見つけた青唐辛子を使っている「アジカ」というディップソース

にんにく、ハーブ、コリアンダー、ディル、フェヌグリークといったスパイスと一緒に唐辛子を細かく刻んで混ぜたもので、味は辛くてスパイシー。肉や魚、野菜の料理にプラスして使われる万能ソースです。 

この市場では大量生産されたものではなく、家庭で作られたものを持ち込んで並べている売っているようでした。ペットボトルなどにあらかじめ入れられたものもあれば、量り売りで買うこともできるようです。 

ここトビリシでは、夏でも気温は20度から30度で、雨が少なく湿度は最高で17%ほど。ですから日本の夏ほど腐敗の心配が少なく、発酵に向いているようです。 

近隣の農場のお母さんたちの手作りチーズ 

ジョージアのお母さんたちが作るチーズ売り場

市場の近くの建物の一部屋を除くと、チーズを台の上に並べて売る女性たちがいました。近隣の農村に住み、チーズを作ってはここに売りに来るのだそうです。 

ジョージアの市場に並ぶ棒状のスウィーツ「チュルチヘラ」

味見をしてみると、とても食べやすいチーズで、あっさり目の味。ジョージアには250種類ものチーズがあるということで、奥が深そうですね。 

この棒状のものは「チュルチヘラ」というスイーツ。クルミやヘーゼルナッツを紐でつなぶどう果汁と小麦を煮詰めたものをまとわせて2週間近くかけて乾燥させ作るのだそうです。使うぶどうによって色が異なります。もちっとした食感で、ぶどうの甘さが優しく感じられます。乾燥すればするほど固くなりますが、温めればまた柔らかくなるそうです。 

ジョージアの話題を3回に渡って取り上げさせていただきました。1つの国で3つの話題というのは初めてのことでした。それだけ気になる食べ物があったんだなぁと、懐かしく思い出しました。

[All photos by Atsushi Ishiguro] 

 

<一覧へ戻る

あわせて読みたい記事 More articles to explore

秋田・しょっつる・発酵調味料
せかいのこと
2021.12.08
ライブラリー・微生物図鑑・鈴木智順・新星出版社
微生物のこと
2021.11.29
藍・発酵・藍染・神田藍愛
うつくしきこと
2021.11.18
沖縄・豆腐よう・発酵・麹
せかいのこと
2021.11.14
石黒 アツシ

石黒 アツシ

「旅・写真・ごはん」をテーマに、世界中のおいしいものを食べ歩き、食文化を写真に収め、日本で再現してみんなと食べることをライフワークにしている「旅行家・写真家・食事家」です。KOSMOSTのコラムでは、これまで旅先で食べてきた発酵食品を、皆さんと一緒に楽しみたいと思います。-------- Q. 微生物とともに生きるライフスタイル」で大切にしていることは? → A. おいしい発酵食品を、おいしくいただいています。

2021.12.08
秋田には、三大○○が3つも?!
2021.11.14
沖縄の豆腐よう 濃厚な旨味は調味料にも?
2021.11.06
モロッコの塩レモンでタジンを!
2021.10.25
ところ変われば、うま味も変わる。アジアの魚醤いろいろ
Member 一覧 >

シェアする

ジョージアの市場で見かけたトマトの塩水漬け

KOSMOSTの最新情報は
TwitterやFacebookやインスタをフォローしてチェック!

メールマガジン Mail Magazine

KOSMOSTの関連情報を
メールでお届けします

登録する